決定木分析

分析例

問題

我がホテルの次年度重点政策は「顧客満足度をあげること」に決まった。満足度を高められる新しいサービスを示してくれ。館外の出迎えサービスが、満足度上昇に効果的なのではないか・・・?

方法

既存顧客の属性に関するデータと、1年間の利用金額を調べた。

データ

統計データ

分析結果

決定木分析の結果、未婚の40歳代男性が最も利用額が大きいことが分かった
利用額に影響の強い顧客属性として、結婚の有無・性別・年齢などが順に挙げられた。

その後…

利用金額が高いのは未婚の40代男性」と考えられたため、このセグメントに向けた広告を企画することに!

適用場面例

たとえば、こんなときに役立ちます。
  • 売上記録をもとに、来客数に関連する要素(天候や気温など)を知りたい
  • 過去の顧客記録から保険の解約に影響する要因を調べ、解約可能性の高い顧客層を明らかにしたい

分析手法

該当する分析手法・統計指標

  • 決定木分析(分類木分析・回帰木分析)(CART・C4.5など)

関連する分析手法・統計指標

まずは、お気軽にお問合わせください!