ストレスチェックキット サポートページ

  • こちらのページには、ストレスチェックキットのご利用にあたって便利な情報やテンプレートをご提供していますので、是非ご利用下さい。
  • こちらの内容に関するお問い合わせはご遠慮ください。また、雛形・資料の利用に際して生じたあらゆる損害について当社は責任を負いません。

各種資料ダウンロード

ストレスチェックキット 約款 ストレスチェックキットの約款です。ご利用の前に必ずご確認ください。
実施の手引き 厚生労働省が示したマニュアル(平成27年5月)を元に、ストレスチェックキットを用いた運用がどのようになるかをまとめています。ストレスチェック実施者、ストレスチェック制度担当者向けの資料です。
ストレスチェック結果閲覧マニュアル ストレスチェックキットで提供する集計・分析結果について、高ストレス者の判定方法や各レポート・データの見方をまとめました。実施者様、分析者様向けの資料です。
Web受検者マニュアル Web版をご利用になる受検者の方用のマニュアルです。Web版のご利用に関しては、お申し込みと別途費用が必要ですので、お問い合わせください。
個人用レポートサンプル 高ストレス~低ストレスの個人用レポートサンプルです。また、無回答等の記入不備があった場合にどのように出力されるかのサンプルも示します。

各種テンプレートダウンロード

■ ストレスチェック実施前に使う雛形

ストレスチェック実施計画 ストレスチェック実施計画と心の健康づくりに関する実施計画の計画書です。厚生労働省が示したマニュアルに掲載された資料をストレスチェックキットを利用する想定で改変したものです。
ストレスチェック実施規定 ストレスチェック実施のための社内規定です。実施の範囲や周知方法、実施方法、取り扱いにおける禁止事項などを網羅的かつ明示的に条文の形で示します。厚生労働省が示したマニュアルに掲載された資料をストレスチェックキットを利用する想定で改変したものです。
実施者による承認書 ストレスチェック実施者が直接行なわなければならないこととして、ストレスチェックに用いる調査票及び高ストレス者を選定する基準とその評価方法について、事業者が決めるにあたって専門的な見地から意見を述べることが示されています。
こちらは実施者の方に、本ストレスチェックキットを使うことが適当であることのご承認をいただく際の記録のための雛形です。衛生委員会に実施者が参加してそこで決定する場合は、議事録の形で残しても良いでしょう。

■ ストレスチェック配布時に使う雛形

従業員向けストレスチェック受検ガイド 従業員の皆さんに受検をしていただくに辺り、記入上の注意や提出場所、期間などをお知らせする必要があります。ストレスチェックシートと一緒に配っていただくのに適した雛形をご用意しました。

■ ストレスチェック結果の配布時に使う雛形

セルフケアのアドバイス 結果と一緒に従業員の皆さんに配布したり掲示したりすると良い、セルフケアのためのアドバイスです。厚生労働省が示したマニュアルに掲載された資料を元に作成しています。こちらは高ストレス者の方のみならず、全ての従業員の方に適した内容です。
面接指導の勧奨文書(掲示・一斉通知用) 高ストレスと判定された方に向けては面接指導を受けるよう適切な勧奨を行なうことが望ましいとされています。こちらは、高ストレスの方のみならず全員に通知する形で勧奨する際の雛形です。掲示や封筒に同封しない形での配布に適します。
面接指導の勧奨文書(個別通知用) 高ストレスと判定された方に向けては面接指導を受けるよう適切な勧奨を行なうことが望ましいとされています。こちらは、高ストレス者の方の封筒に同封するのに適した、高ストレス者の方のみに通知する内容です。
実施者が面接を受けさせるかどうかの判定を行なったことの記録 高ストレスと判定された方のうち面接指導を受けさせるかどうかの判断は、実施者が直接行なわなければならないこととして定められています。
このため、A★★判定の方は面接対象者と事前に決めることはできません。必ず、結果が出た後実施者が判断します。
こちらは実施者が判定したことを記録に残すための雛形です。この文書は事業者に提出・通知してはならず、実施者がストレスチェック制度を正しく実施していることの記録を残すために利用してください。こちらのリストを元に勧奨の書面を同封するなどして、そちらを事業者に提出することで面接を受けさせるようにするといった運用が可能です。
面接指導の申出書(実施者による面接指導の要否判定済) 労働安全衛生法に基づくストレスチェック制度における面接の申出はを従業員が行なうための書面です。面接指導の申出は書面や電子データとして行ない、事業者はこれを5年間保存する必要があります。また、本制度による面接指導は、面接指導の申出と面接指導の結果が事業者に開示されるため、こちらを従業員が理解した上で申出を行なわせるのが望ましいでしょう。
こちらの雛形は、実施者が面接指導が必要と判断した者に対してストレスチェック結果に同封するなどして個別に面接勧奨を行なったケースで用います。申出書に実施者が署名することで、事業者は面接が必要であるという判断が実施者によってなされている従業員からの申出であることを判断できます。このため、事業者が申出書を受けとったらただちに面接の手配を行なうことができます。こちらの雛形では、ストレスチェック結果の通知の同意も同時に行なっています。
面接指導の申出書(申出のみ) 一斉の面接指導の勧奨を行なっているケース、面接を行なうかの判断は実際に申し出があった後に多面的に判断する運用としているケースでは、こちらの申出書をご利用ください。
実施者が面接を受けさせるかどうかの回答を行なう書面 一斉の面接指導の勧奨を行なっているケース、面接を行なうかの判断は実際に申し出があった後に多面的に判断する運用としているケースなど、事業者から実施者に個別に問い合わせがあった場合に回答を行なう際に利用する雛形です。
結果を事業者に通知することに対する従業員の同意書 事業者にストレスチェック結果を通知するためには、従業員の同意が必要です。こちらはストレスチェックの結果を従業員が確認した後に、個別に同意を取得し、同意は書面もしくは電子データとして残さなくてはなりません。