連載 アンケートの作り方教えます。

その1 経済効率が悪いアンケート

自由記述欄(コメント記入欄)が多いアンケート票は、経済効率が悪いです。

回答者が自由記述欄へコメントを書くのは、非常に満足した時、そして、非常に不満な時です。

強い感情を持っていない回答者がコメントを書くことは珍しいです。

自由記述欄の記入率が10%以下となるケースもあります。

アンケート票に自由記述欄を設けた場合、情報収集効率は低くなります。

紙面上、情報が書かれないスペースが増えてしまいます。

使用されないスペースが増えれば、紙のコストや配布・回収コストも増加します。

A4サイズのアンケート票から自由記述欄を削り、はがきサイズに収めることができれば、コスト削減が可能となります。

自由記述形式の設問を選択肢形式に差し替えることも有効で、情報収集効率を高めるための手段となります。


アンケートでクレームを拾うことを考えている場合、自由記述欄を削除することを躊躇されるかもしれません。

ですが、心配は無用です。

どうしても伝えたいメッセージを持っている回答者は、自由記述欄がないケースでも、手紙を同封したり余白部分を活用したりして、情報を伝えてくださいます。

自由記述欄は回答者に心理的な負担を強いることもあるので、欄を設けないことによる負の影響は、直感ほどは大きくありません。

回答者の自由な意見を訊ねたいケースもあるでしょう。

フリーコメントを集めたい場合、アンケートは手段として不向きです。

対面インタビューで内容を深堀する方が、良い知見を得ることができます。

紙・Webのアンケートでは、選択肢形式の設問を最大限活用することをお薦めします。

FAXで受け取りをする場合、画像が大きく歪んでいるケースや切れているケースがあるので、再送依頼の要否を確認しておきます。

連載トップへ 次の記事:
その2 準備不足で情報が
集まらないアンケート

まずは、お気軽にお問合わせください!