AltPaperがミャンマー語に対応いたしました!

 

概要

株式会社情報基盤開発(本社:東京都文京区、代表取締役:鎌田 長明)は、同社の主力製品である紙アンケート自動入力システムAltPaperを、2013年8月にミャンマー語でのアンケートに対応させました。

これにより、ミャンマー語のアンケートにおいてもAltPaperの高い精度でのアンケート集計が可能になりました。

 

メディアでの紹介

2013年8月6日づけ日本経済新聞首都圏版の35面において、AltPaperのミャンマー語対応が紹介されました。

記事の一部で、下記のように紹介されています。

 

"今回、日本語のアンケートをミャンマー語に翻訳する作業を代行する。料金は初期費用が10万円からで、アンケート用紙を1枚集計するにつき50円を課金する。別料金で回収したアンケートに記載されているミャンマー語を日本語に変換する作業も請け負う。外国語ではすでに英語と中国語にも対応している。

現地でマーケティングや顧客・従業員満足度などの調査をする企業が対象。初年度は50社、1億円の売り上げを目指す。

従来、紙のアンケートの集計は手作業が一般的で時間を要する。マークシートなどに記入する手法だと、専用の紙や読み取り機が必要でコストもかかっていた。 "

同内容の記事が電子版にも掲載されています

 

上記にもありますように、ミャンマー語で書かれたアンケート回答を日本語に翻訳する作業もオプション(別料金)で請け負っております。

 

価格

項目 価格
初期費用 10万円から
1枚につき 50円

完全従量課金制です。

 

お問い合わせ

ご質問、詳しいお見積り等が必要な方は、下記のボタンからお問い合わせください。

 

お問い合わせ