会社概要

代表取締役 メッセージ

代表取締役 鎌田長明

当社はAltPaper事業やデータベースシステム事業を中心に、「情報を価値に変えるサービスを提供する企業」というコーポレートビジョンを掲げ、事業を展開しております。

ITがこれほど世に行き渡った現在でも、情報システムを構築したり、情報システムを操って価値を生み出すことのできる人は限られています。誰でもワープロや表計算ソフトを使えるようになったように、誰でも自由に情報を収集し、その情報から新たな価値を生み出すことが出来る時代がきっとやってきます。

当社は「橋守Eagle-eye」で、今まで紙と専門家の頭の中にしかなかった大量の橋梁の情報を情報システム上に展開しました。そして、「AltPaper」事業を通して、誰でも簡単に「紙」という馴染み深いツールを使って簡単に情報を収集し、分析できる仕組みを作り出しました。

今後は「AltPaper」が日本全国、そして世界中いたるところに存在する情報の収集と処理のロングテールを支えることのできる、目立たなくても信頼できるツールとなれるよう努力を重ねて参ります。そのために、ユーザの利益と当社の利益の両方を最大化することを目標に、安定したオペレーションの構築と先進的な研究開発を進めて参ります。

当社のサービスが皆様にとってワープロや表計算ソフトのような存在になれるよう、スタッフ一同、全力を尽くして参りますので、一層のご理解、ご指導を賜りますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。

2008年1月 代表取締役 鎌田長明

概要

会社名

株式会社情報基盤開発

〒113-0033
東京都文京区本郷2-27-18
本郷BNビル5階

代表者 代表取締役 鎌田長明
創業年月日 2004年8月2日
資本金 2,000万円
社員数 50名 (正社員・アルバイト含む)
主な事業
  1. AltPaper事業
    AltPaperはオフィスにある機器だけで手書きアンケートの自動入力を実現したサービスです。
  2. 統計解析・データベース事業
    鉄道会社等で数万橋以上の橋を見守る「橋守 Eagle-eyeシステム」をはじめとして、大量の情報を超スピードで分析するエンジンを開発・管理 しています。
  3. 画像処理システム事業
    クラウドコンピューティングを用いて大量の画像を高速処理する画像処理エンジンを開発しています。
主要取引銀行 みずほ銀行、日本政策金融公庫、ジャパンネット銀行

沿革

2004年8月 有限会社情報基盤開発が資本金300万円で東京都千代田区に創業。
2004年10月 (独)情報処理推進機構の「未踏ソフトウェア創造事業」に誰もが使える自動入力システムのアイデアが採択され「AltPaper」の開発を開始。
2005年10月 (株)BMCと共同で開発した橋梁管理ASPシステム「橋守Eagle-eye」が完成。JR西日本やJR東日本に加え中小鉄道会社の橋梁管理システムとして利用が開始。
2006年12月 紙帳票の自動入力システム「AltPaper」を初めて出荷。
2007年5月 (独)情報処理推進機構の実施する「中小ITベンチャー支援事業」に採択される。我が国産業の競争力強化に寄与する先進的なソフトウェア開発を行うベンチャー企業として支援を受ける。
2008年1月 誰もが使える自動入力ASPサービス「AltPaper」を開始。
2008年9月 その場で即時集計が可能になる「AltPaper Ondemand」サービスを開始
2009年12月 AltPaperにウェブアンケート自動生成機能を追加・提供開始
2010年6月 Word 上で作ったアンケートが、iPadで回答できるようになる世界初のサービス! 「AltPaper for iPad」リリース
2011年3月 東京大学アントレプレナープラザ4Fに移転
2012年12月 1年間の処理枚数が60万枚を突破

まずは、お気軽にお問合わせください!