作業期間とコストの双方を効率化できる!
IT企業だからこそわかるAltPaperの魅力


アンケート集計作業は頭を悩ませていた部分だった

どのような点を評価いただき導入いただいたのか、きっかけと背景を教えてください。


日本マイクロソフト株式会社
デベロッパー エバンジェリズム統括本部 エグゼクティブ オーディエンス マーケティング マネージャー
土屋奈緒子 様

福地様 
私は以前、「tech・days」というイベントの運営に携わった経験があり、アンケート集計の大変さを知っていました。御社のデータ入力ソリューションを知ったとき、「これは作業期間とコストの双方を効率化できる」と思い、システム開発者向けのイベント「de:code」を担当している土屋に紹介しました。

土屋様 
 実際、アンケートの運営はいつも困っている部分でした。オンラインでのアンケートも検討したのですが、イベント会場で机や回線を確保することを考えると、参加者全員がノートパソコンを開いて膝の上でアンケートに回答いただくのは現実的ではないという結論に至りました。

福地様 
アンケートの回収率は、スマートフォンやパソコンで回答してもらおうとすると、どうしても下がってしまいます。お客様の意見を多くいただくためにも、今回も紙でのアンケートを採用しました。

テスト段階で期待以上の手ごたえを感じた


日本マイクロソフト株式会社
デベロッパー エクスペリエンス&エバンジェリズム統括本部 パートナービジネス推進部 ビジネスデベロップメントマネージャ
福地洋二郎 様

土屋様
今回のイベントは2日間で2,000名の来場者を想定していました。1日目の来場者のアンケート結果を見て2日目の運営やセッション内容を改善するためには、1日目のアンケートを翌日朝までに集計し、速報値を出す必要がありました。社内の既存の仕組みを利用し、OCR用紙を読み込ませてデータ化する方法も考えましたが、専用のアンケート用紙を作成するためには、3週間前までにアンケート項目を固めなければなりませんでした。「de:code」は最新の技術情報を出すイベントなのに、締切が3週間も前だと全く“最新”ではなくなります。アンケート内容の確定をできるだけイベント当日に近づけたい反面、集計は即日行いたいという2つのはざまで悩んでいるとき、福地から紹介を受けたのです。

福地様
Altpaperを利用するということは、今までため込んできたイベント運営のプロセスを変更することでもありました。「変えることのリスク」が、一番の課題だと感じていました。ただ、導入前のテスト結果を見たとき、その懸念は吹き飛びました。

土屋様
運用テストのフィードバックを見ながらその都度調整をしていったら、課題をクリアできそうだなという手ごたえを感じましたね。

福地様
前回までは、外部の協力会社に集計作業を依頼し、結果が判明するまでに1週間かかっていました。アンケートのスキャン画像をクラウドにアップロードして、すぐにExcelで集計結果を確認できたので、すごく効果的だなと実感しました。

土屋様
テストの時点で、すでに私たちの中では期待以上の結果だったのです。実際に本番用のアンケートの準備に入ってからは、イベントの他の準備を行いながら同時進行の作業でしたので、アンケートにかける時間を短くできたのは正直、楽でした。紙の大きさもA3裏表を選ぶことができたので、項目数が多くても対応でき、折り目がついていても読み取り可能という点もありがたいですよね。聞きたい項目を全部聞けて、イベント開催日ぎりぎりまで項目を考えることができ、しかもお客様からの回収率も高くて集計も即日でき、翌日に意見を反映できてしかもコストが安い。もっと早くにこのソリューションを知りたかったです。

日常業務の中でもより効率化できる部分が残っている

今後、Altpaperに期待することは?

福地様 
弊社からの提案としては、データ集計や統計ソフトの部分をアプリ化していただけると便利なのかな、と。よりシームレスにマルチデバイス間でデータを連携できるようになりますし。さらにバックエンドにクラウドを採用して大容量データのグラフを編集できれば、より便利かなと思いますね。

土屋様 
今回のこの試みは、社内でも評判が良かったです。アンケートに係わったのは、プロジェクトチームの中では3名のみ。前回は社内のプロジェクトメンバーと協力会社で10名前後。速報値を出すときは、社員が2人残って朝までかかって集計しました。しかも前回の動員数は今回の半分でした。だから今回、イベント運営チームの人が当日の運営に集中できる環境が作れたのは良かったと思っています。実際に自分がこれだけメリットを享受できたので、もっと他のイベントでも使えばいいのにというのが率直なところです。弊社は品川本社のセミナールームで行うセミナーだけでも年間400回程あり、その都度アンケートをとって社員が集計をしています。社内だけを見てもこのソリューションの導入の余地が多分にあるし、そうすることで確実に業務を効率化できると思います。

まずは、お気軽にお問合わせください!

その他のお客さま事例

株式会社ジェイティービー

株式会社ジェイティービー

アンケート業務を丸ごとアウトソーシングしてシステム化

JCB従業員組合

JCB従業員組合

従業員組合アンケートとして

株式会社リジオナル・プランニング・チーム

株式会社リジオナル・
プランニング・チーム

市民・事業者向け調査アンケートとして

株式会社インターサイエンス社

株式会社
インターサイエンス社

医療現場でのアンケートに

東京大学公共政策大学院

東京大学公共政策大学院

セミナー・授業評価アンケートとして

株式会社ふるさとサービス

株式会社ふるさとサービス

イベント会場でiPadアンケート

三菱地所レジデンス株式会社

三菱地所レジデンス
株式会社

印刷、封入、発送、集計までをまるごとアウトソーシング

らでぃっしゅぼーや株式会社

らでぃっしゅぼーや
株式会社

顧客満足度アンケートとして

株式会社横谷温泉旅館

株式会社横谷温泉旅館

顧客満足度アンケートとして

鎌長製衡株式会社

鎌長製衡株式会社

管理用帳票として

鎌長製衡株式会社

鎌長製衡株式会社

勤怠管理システム「AltTime」として